買取の際に知っておくと良い情報

ペンダント

金やプラチナは、古くなったものや傷などで破損したものでも価格に変化はありません。
重さで価格がきまるので、元の新品の状態の価格から減算されるということはありません。
その反対に、購入した時よりも高い値をつけることがあります。
アクセサリーやブランド品などに関しては、保存状態が良くて新品状態だったとしても、購入した時の価格にはなりません。
そのモデル自体に人気があるかどうかで変わってきます。
少しでも査定を高くするためには、商品の付属品は捨てないで大切に取っておくようにします。
箱・取扱説明書・保証書などがあげられます。
その他にも優良店の業者を選ぶ為に、他の方達の口コミや評判などをチェックしておく事が大事になります。

買取の際に注意しておくこと

ロングアズキチェーン1.7mm

金やプラチナなどの貴金属の買取を行う際に、注意しておいた方が良い点があります。
買取を行う際には、本人の身分証明書が必ず必要になってきます。
また、18歳未満の方は買取制限がありますので保護者同伴が必至になります。
貴金属を売る際に、少しでも高く売りたいと思うのがほとんどだと思います。
しかし、ここで注意しておかなければいけないのは、その業者が信用できる所かどうかということです。
近年、買取業者は年々増加の傾向にあります。
その中には悪質な業者がいるのも事実なのです。
何度か利用した事がある人は注意することが出来ますが、初めて利用する人は後々のトラブルに巻き込まれないためにも、特に注意が必要になります。
あまりに高い高額を指定されたり、上手い話ばかりをしてくるような業者には注意すると良いと言われています。

価格の比較

金キーチェーン

歴史的に見て一般的にプラチナはその希少性からゴールドよりも高価である時代が続いてきました。
しかし、世界的な政情や金融情勢に緊張が走ると以前は「有事のドル」と言われていたセオリーが通用しなくなり皆がこぞって貴金属を買うようになりました。
中でもゴールドの需要が高く、ヨーロッパなど欧米ではジュエリーはゴールドの方が多いため、一時期ゴールド価格がプラチナ価格を上回るという事態まで起き、今でも以前ほどの価格差は無い状態が続いています。
工業用に使用される貴金属の量は減る事は考えられませんしますます需要が増加するでしょう。
また、アジア圏を中心とした新興諸国内でジュエリーに対する需要が大きく伸びているため、多少の変動はあってもまだ価格上昇の余地はあるでしょう。

金やプラチナの相場の変遷

ボールピアス

安全な資産として評価の高い金やプラチナの価格は年度によっての多少の変動はあるものの、概ね右肩上がりに上昇しています。
日経平均株価が史上最高値を記録したバブルの時期と比較しても3倍程度の値上がりとなっています。
米ドルが基軸通貨としての実力に陰りを見せている今、万国共通の安全で売却可能な動産としてゴールドやプラチナなどは一定の需要を保っています。
こうした価値の上昇に伴い、自宅で使用されずにしまわれたままになっているアクセサリーや宝石の買取店が大きく数を増やしています。
アクセサリーの価値はグラム数により決まるため、壊れていても形が古くてもその日の相場の価格に重量をかけた重さで買い取ってもらえる買取店のチェーンでは店頭や出張で取引を行っています。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930